謹賀新年☆桜とともに

2019年03月05日

梅のころ

 

旧暦新年もすぎ、梅が美しく、寒さやわらぎ少しずつ過ごしやすくなってきました。

 

~ご連絡<1>~

2/122/25 この期間中、メールが、届いていないことがあるようです。

また、現在も届かない不安定要素があり、そうなる可能性がまだあります。

お手数をおかけしますが、返信が遅い場合は、再度のご連絡をお願いいたします。

 

~お知らせ~

ただいま、初めて、Harmonious Creationをご利用いただく方のみの期間限定メニューとして、ミニコンサルティション(10000円)が承れます。

3月中までのお申し込みが承れます。

(リピーターの方は内容により応相談ありますが、コンサルティションは基本50000円です)

 

 

最近、韓国ドラマ見てますが、心理ものが秀逸です。

 

 

キルミー、ヒールミー

 

子供のころの深い心の傷と事故から、多重人格となった財閥の御曹司(韓国ドラマに財閥設定は結構多く、目の保養に良かったり、格差についていろいろ感じられて面白いです)が精神科医と会って、恋愛や謎解き、後継者争いなどがありつつ、各人格をいやしていくのですが、癒されていく過程(受け止めてあげたり、願いを昇華してあげたり)がわかりやすく、愛があってとても良いです。

 

 

 

大丈夫、愛だ

 

子供のころの父と兄からの暴力と、そこからおきた事故と火事、兄の長期服役から、統合失調症となり、自分の分身のまぼろしを見て、自傷や事故自殺の危険までおこるようになる人気作家が恋愛恐怖症の精神科医と恋に落ちながら互いに癒されたり、病を克服していったり、精神科医として成長していく・・・。

 

 

韓国ドラマは、心の中をそのままセリフで表現したり、幻影とや夢で表現したり、心の中の言葉として表現したりと、わかりやすいのがしっくりきます。

 

 

 

七変化のカメレオン俳優さんもたくさん、演技が秀逸で、深い俳優さん多くてすごいな~と思います。

 

文化的な背景がいろいろあってのことだと思うけれど、ジェットコースター的な、心理描写と設定の奇抜さは、韓国ドラマは、本当にすごいと感じます。

 

 

 

 

最初の数話は設定だけ入れたら飛ばし飛ばしにしても我慢してみたら面白くなってくるかもです。

変わらず、一押しは、「トッケビ」です。

 

 

 

 

韓国のバラエティも面白くて、最近、見るようになりました。                                                                                                    

ナ・ヨンソク、プロデューサーのもの(イ・ソジンさんの三食ご飯シリーズや、西遊記など、適度に気が抜けててあったかい)や、冷蔵庫をよろしく(料理対決&芸能人の冷蔵庫のぞき見。進行が面白くて笑ってるけれど、イ・ムンセさんの冷蔵庫でソクチョンさんが勝った回は泣かされました。)などが面白いです。

 

 

トルコ、ロシア、タイ・・・

ネット配信で、いろんな国のドラマが見れるようになると、文化や宗教がわかったりして面白いです。

 

 

 

地球の人が持っている波動域を1~10で分けるとすると、これまで下にも上にも行って突き抜けて無に行けてたので、全部行けていると思ってたのですが、そうではなかったことに、海外のパフォーマーさんを見たのをきっかけに少ししてから気づけました。

それをきっかけとして一番下の波動域へ行けてみたことで、ほかのことにもからんで、大変な日をすごしもしましたが、面白いです。(とても大変かもなので下への拡大はいきなり一番下などは目指さず、上に拡大できた分のほんのほんの少しだけ下をイメージし、自在に帰ってこれるのが安全でしょうか・・。一番下は、行かなくてよいし、適切な時期が自然にやってくるまで記憶の片隅においておくぐらいがいい、そう思います。私がいったのも、精神レベルではなく、別ルートのエネルギーからです)

 

 

豊かで楽しい日々でありますように☆

 




ikitaihoue at 16:30│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
謹賀新年☆桜とともに